社長メッセージ


ek1_7077_resizeロシュDCジャパン株式会社は、スイスのバーゼルに本社を置き、世界150ヶ国以上で事業を展開するロシュグループの糖尿病関連事業の日本法人として、2017年1月に設立されました。世界中で増え続ける糖尿病に対し、より迅速に最適なソリューションを提供し、ひとりでも多くのQOL(健康)の向上に貢献する事、これが私たちの使命です。

“Doing now what patients need next”

ロシュグループでは、病気の要因に応じて個々の患者さんに合う治療法を選択する「個別化医療」をグループの戦略の中心に据えています。「患者さんが今、必要としている治療・医薬品・診断薬をいち早くお届けする為に行動する事」 はロシュグループ9万人以上の社員すべてが共有する哲学です。糖尿病治療においても、患者さん個々で最適な治療方法が異なります。より正確な血糖測定と世界中で蓄積された膨大なデーターに基づいた血糖マネジメント、私たちは確固たる倫理観を持ち、今日よりも良い明日を創ることを目指し、勇気・情熱・誠実をもって日々行動してまいります。

 

“By 2025 we will help people with diabetes everywhere in the world think less about their daily diabetes routine so they can get true relief, day and night.”

ロシュの糖尿病関連事業は40年以上の経験を持ち、Accu-Chekブランドを通じて世界中の血糖モニタリングシステムの市場をリードしてまいりました。私たちは「2025年までに世界中の糖尿病患者さんのルーティンを軽減させ、昼夜問わず真の安らぎを得ることに貢献すること」を目標に掲げています。そのために、医療従事者様、政府・行政、関係団体の皆様と連携し、革新的な製品と糖尿病管理のソリューションを提供することで、糖尿病患者さんと診療・療養指導に関わる医療従事者様の真のニーズを満たし、これからの糖尿病医療に貢献してまいります。
「すべては糖尿病患者さんのために」 私たちロシュDCジャパン社員一同の強い信念です。

代表取締役社長

是永 陽一