沿革と歴史

Pocket

 

 

トピック
1974年
(昭和49年)
ベーリンガーマンハイム社(当時)が第一世代血糖測定器を発売
1998年
(平成10年)
ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社設立

(日本ロシュ株式会社 試薬事業本部が分離し、ベーリンガーマンハイム株式会社を吸収合併)

1999年
(平成11年)
ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社にて血糖自己測定事業を展開


【主な発売製品】

  • アドバンテージII
2002年
(平成14年)
日本ロシュと中外製薬が合併

(診断薬・診断用機器はロシュ・ダイアグノスティックスが、医薬品はロシュグループの一員として中外製薬が取り扱う)


【主な発売製品】

  • アキュチェックアクティブ/コンパクト
2003年
(平成15年)
東扇島ロジスティックスセンター開設
2005年
(平成17年)
【主な発売製品】

  • アキュチェックコンパクトプラス
2006年
(平成18年)
【主な発売製品】

  • アキュチェックアビバill02
2011年
(平成23年)
【主な発売製品】

  • アキュチェックアビバ ナノill05
2012年
(平成24年)
【主な発売製品】

  • アキュチェックモバイルill01
  • アキュチェックセミディスポill06
2014年
(平成26年)
【主な発売製品】

  • アキュチェックSTメーター
2017年
(平成29年)
ロシュDCジャパン株式会社を設立

(ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社から糖尿病関連事業を承継)